TCC FANSの4つの特徴

  1. Thanks Horse Projectとの連携による、競走馬引退直後から養老までの一括した支援
  2. 全国の乗馬施設と連携した気軽で身近な新しい乗馬システム
  3. 引退馬のための相互年金システム「TCCポイント
  4. ファンクラブとしての多様な特典・活動

サポートを募集中の馬

ファンディングホース

Thanks Horse Projectとの連携により、1か月間の期間限定で一口オーナーを募集します。募集期間内に40口集まった馬はTCC FANSが所有する皆様の愛馬(TCCホース)となります。

  • アスールアラテラ

    28%
    残り 297日
  • サトノサイベリー

    28%
    残り 315日

TCCホース

全国の連携する様々な乗馬施設へ預託をしていきます。会員の皆様の愛馬として、気軽に会いに行ってふれあったり、写真を撮ったり、乗馬をすることができます。
終生飼養できるように常時サポートを募集しています。

  • トルベルボヌール

  • キョウエイアシュラ

  • ネコビッチ

  • マジックカーペット

ホースシェルターについて

ホースシェルターとは

日本の競馬産業は今や世界一の規模を誇り大きな経済を動かす馬たちですが、現役を引退後、彼ら彼女らにどのような未来が待っているかご存知でしょうか?
競走馬登録を抹消(引退)すると、その多くが行先が決まっていないまま厩舎を出ていかなければならず、その後行方不明になる大きな原因となっています。
早ければ3歳で引退となる競走馬。その後の長い馬生をサポートするしくみが必要です。
私たちTCC JapanJRAでは、より多くの引退馬をサポートするために、栗東トレーニングセンターからほど近い立地を活かし、引退馬が暮らせるシェルターを建設しました。
行き先の決まっていない引退直後の馬をシェルターに受け入れ、一時休養のための「時間」と「場所」を提供することで、より多くの馬をセカンドキャリアに繋げていきます。

ホースシェルターをサポートするには

馬を所有する、飼育するには多額の費用がかかります。飼育管理を含めた預託費用はもちろん、定期的な診療費、装蹄費、突発的な治療費、輸送費など、様々な費用が必要となります。
「引退した競走馬を見守りたい。」「近くでふれあいたい、写真をとりたい。」というファンの方々の支援が日本初のシェルターの実現、維持に繋がります。
1頭でも多くの馬を救いたい。動物にやさしい社会でありたい。多くの感動やユウキ、癒しを与えてくれる馬のために私たちが出来ること。あなたの支援が着実に馬との未来をつくります

新着情報

  • 2019年7月20日

    【イベントのご案内】TCCセラピーパーク「BOKUJO/BOKUMEN プログラム」(TCC会員向け・乗馬体験あり)

  • 2019年7月17日

    【近況報告】更新:ロサギガンティア経過良好

  • 2019年7月12日

    【案内】7月イベントスケジュール / TCCセラピーパーク

  • 2019年7月11日

    週刊Gallop掲載・TCCセラピーパーク紹介

  • 2019年7月11日

    農林水産省大臣 TCCセラピーパーク来訪

施設写真

ホースシェルターの様子をご紹介

丸馬場

丸馬場

ふれあいポニーエリア

ふれあいポニーエリア

モザイクアートモニュメント

モザイクアートモニュメント

テラス

テラス

メディア掲載

※その他多数

パートナー

TCCはThanks Horse ProjectのオフィシャルパートナーとしてThanks Horse Projectを応援しています

サンクスホースプロジェクト

私たちもThanks Horse Projectに賛同しています!

NPO法人吉備高原
サラブリトレーニング