お知らせ

【重要】ライザンの退厩に関しまして

2020年7月26日

日頃よりTCCへご愛顧賜り有難うございます。

さて、一昨日の7月24日に、TCCホース・ライザンを繋養していただいておりました乗馬クラブエクイヴィラさんより、クラブの経営破綻によりライザンの飼養が困難となったということで今月いっぱいでの退厩の申し出を受けました。
※この件につきまして、エクイヴィラさんへ直接のお問合せはご遠慮ください。

よって急遽ですが馬運車の手配も出来ましたので、7月29日に一旦TCCセラピーパークに移動し、次の居場所を探すことになりました。

このような緊急のケースは競走馬を引退する際には日常茶飯事で、改めてホースシェルターの役割を実感するところです。
しかしながら実は現在ホースシェルターの馬房もいっぱいでして、臨時的にポニーの馬房を二つに区切って2頭を一つの馬房に入れ、馬房を一つ空けてライザンを受け入れることになります。

ホースシェルターの活動をサポートしていただけるシェルターサポーターもまだまだ足りていない状況です。
ライザンのオーナー口数も現在17口となっていまして、次の居場所を見つけるにあたりもう少しオーナー数を増やしていきたいです。
また今回発生する輸送費や、飼育費なども賄っていかなければなりません。

もし経済的なご支援をご検討いただけるのであれば、下記のような選択肢がございますのでぜひご検討いただけますと幸いです。

●ライザンへの直接支援(オーナーお申込み)
https://www.tcc-japan.com/tcc/detail/id/30

●ホースシェルターの活動サポート(シェルターサポーター)
https://www.tcc-japan.com/shelter/

●単発の寄付
https://www.tcc-japan.com/support/donation/

乗馬クラブエクイヴィラさんには、長い間本当に可愛がってもらい、大切に飼養してきていただきました。
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。
次の場所でも可愛がってもらえるよう、しっかりと未来に繋いでいきます。

TCC Japan
代表取締役 山本高之