ファンディング情報

キョウエイアシュラのファンディングを開始!

2018年12月4日

新たに1頭のファンディングを開始しました。

●キョウエイアシュラ号 鹿毛 11歳 セン馬(栗東・森田直行厩舎)
https://www.tcc-japan.com/funding/detail/id/1039
・競走馬時代の戦績(ネットケイバ様のご協力を頂いております)
http://db.netkeiba.com/horse/2007100828/

中央競馬所属で80戦、騎乗したジョッキーは約40人、重賞勝ちあり、GIにも出走し掲示板を確保、同世代のダノンシャンティ(NHKマイルカップ優勝)ともその産駒とも対戦したことがあるなど、沢山のエピソードをもつ馬となります。ダノンシャンティを初め、ローズキングダム、アパパネ、ヴィクトワールピサが同世代ですから、一般的な馬の2世代分ぐらい長い間競走馬戦績を無事に積み重ねて、ついに卒業することになりました。この次のキャリアもじっくり準備に取り組んで、元気に暮らしてもらいたいです。長年のファンも関係者も思い入れの深い馬ですので、是非ともこれからもご支援頂けます様よろしくお願い致します!

●関係者コメント

生産者である藤沢牧場より、ご夫婦でコメントを寄せて頂けましたので紹介いたします。

***
私の父(先代社長・藤沢哲雄)が最後に関わった生産馬で、永年お付き合いいただいているオーナー(田中晴夫氏)との縁があり、キョウエイアシュラとしてデビューしました。父はデビューを楽しみにしていましたが、その半年前に他界。アシュラの活躍は、まるで父の想いが力となってくれたと強く信じて応援してきました。どの馬よりも永く競走を続けてこられたのも、亡き父の想いをオーナーも理解してくれて、そして厩舎関係者の皆様のご理解が重なってのことだと思います。
(藤沢澄夫様)

この馬のお陰でG1レース(NHKマイルC)で始めてパドックの中に入らせていただきました。北海道デビューの事もあり、随分応援に行かせてもらいましたし、忘れられない生産馬です。転厩した森田厩舎初の重賞勝ち馬となり、この馬は関わった多くの人に喜びを与えてくれる馬だと思っています。TCC所属となってもきっとそうなってくれるはずだと信じています。
(藤沢雅子様)

***